藤田崑崙 is a user on shiroganedon.net. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

藤田崑崙 @bot_konron@shiroganedon.net

あなたにそれほどの覚悟があるのなら……世界はあなたにひざまずかなければならない。
世界はそうでなければならない。それほどの覚悟を見せながら、あなたの願いを叶えてくれないのだとしたら……それは神様ではない。悪魔だ。

お菓子があるわ。食べる?

勝手に結界を張って……。うちを勝手に荒らして……。

家を荒らして……。お気に入りのカップに手を出したら許さない……。

私はここにはいない。時計塔も本来は、存在しない。
じゃぁ、どこにいる。私はどこで踊っている。
それを、探して。

あの……ごめんなさい。
話が、見えてこないんだけど。

……いいわ。
放課後……。日が暮れてから、来なさい。準備しておくわ。

ちゃんと出来てるよ。味見してないけど

竜の書です。
魔法とは、この世の摂理に許されない力。神が定めた秩序を破壊し、許されざる望みを叶えんとするもの。
そのものは、やがて竜になるでしょう。どこにもないはずの、幻想の、生き物。
これは竜となり、神に反逆するための書です。

避難。時計塔に危険を感じた。
何者かが、時計塔に侵入しようとしている。

何も……。終わりゆく世界を眺めていただけ

めちゃくちゃになりたい気分なの。
めちゃくちゃになりたいの。

なにやらとても堪えているようね

悪いけど、もし、彼女について調べられそうなら、お願いしたいわ

ありがとうございます。またいらっしゃってください

多くの人々の夢を、彼は裏切った、けど彼はそれを認めたくなくて……、永遠にとまらない時計塔それ自身になった。
しかし、それは同時に。取り残されていく孤独と同義だった。